Baby pro ロゴ  
TOP - ショッピング - お客様の声 - プレゼント - FAQ - 売れ筋ランキング - Baby-Pro REPORT - おすすめリンク - システムガイド - Baby-Proについて

素朴な疑問から、技術的な質問まで、あらゆるベビー用品の「?」を解決いたします。




2018年08月18日12時12分

● 購入前の商品選びから、購入後の上手な使い方まで、はば広く活用できるFAQ集です。
● 皆様からお寄せ頂いた質問メールは述べ15000通を超えました。
  こだわって、とことんお客様と取り組んだ記録がいっぱい盛込まれていますので、
  カテゴリーと検索をうまく活用してお役立て下さい。
  (解説用に画像を用意しているものは、質問の文字列がリングボタンになっています)
AND/OR検索で複数のキーワードは半角スペースで区切る。
    検索式は"&"、"|"、"!"と優先指定の括弧が使用可能。

検索フォーム
から

AND  OR  検索式 
新しい質問をする 最近のお問合せ
ベビーカー全般 A型ベビーカー B型ベビーカー 2人乗りベビーカー AB兼用ベビーカー
その他ベビーカー        
カーシート全般 アップリカカーシート コンビカーシート ベビーシート 輸入カーシート
ベビーラック全般 アップリカ ラック コンビ ラック    
ベビーベッド サークル モニター 木製ハイチェアー アウトレット
はじめてのお客様へ ショッピング方法 お支払い方法 送料について 返品交換について
育児のワンポイント        
その他カテゴリー外

前へ [ TOP 1/ ] 1 2 3 [ /3 END ] 次へ


No.0193 Question
コンビのB型を検討中です。「エッグショック」や「エアスルーシステム」は重視すべきでしょうか。
Answer
数値的なデータがあるわけでなく、正直なところ気持ちで選ぶ部分かな、と思います。
エッグショックは昔の頭だけのものから背面全体になりましたので、ある程度有用性がうたえます。
エアスルーについては、汗かきな赤ちゃんのことを思えば、あるにこしたことはありませんが、リクライニングを起した時にはメッシュ部分がかなり隠れてしまうので、踏まえておいて頂く必要があるでしょう。
重量については、ベビーカーを転がす時には数百グラムの違いは全く体感できませんが、階段などを持って上がることが多いなら、少しでも軽い方が良いでしょう。
メーカーが、振動吸収性能を追いかけていた時期から、一転して通気性や温度管理に重点を変えてきました。生地などもキトポリィや綿などのやさしい素材を強調していた時代から、今の様に多少手触りは悪いですが湿気の発散性の良いポリエステルメッシュ素材を多用する時代に変化し、何が大切なのか、わかりにくくなっています。
しかし、裏返して見ると、本体性能が十分なレベルまで達し付加価値をどこに持ってくるか模索する時代になったとも言え、基本性能には安心感があります。予算優先で選んでも、コンビなら失敗はありません。
うまく回答できませんでしたが、ニュアンスを感じて頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

No.0187 Question
A型からB型に乗り換えたら、ちょっとした段差にもつかえて押しにくくて困ってるのですが…
Answer
タイヤの径が小さくなったことが、直接の原因です。段差の乗り越えで問題になるのは、多分に車輪の大きさです。径が大きいほど、段差を乗り越えやすくなります。
前輪を浮かせて乗り越える際も、A型の2つ折りなどは、足元にステップがあるため、足をかけてハンドルを引けば簡単に前輪が浮きますが、B型は、そうしたステップもないので、少しやり辛さがあります。
B型は軽くて機動性は良いのですが、この「機動性が良い」という表現には、軽くて、小さくて、「畳んでの移動もラク」という意味合いも含まれています。また、平らな路面では、軽量な分、転がしても軽快です。
しかし、一旦路面が平らでなくなると「走行の安定感」という面ではA型の方が優れています。径が小さいタイヤは、路面の影響を大きく受けるため、家周辺の路面状況の悪い方は考慮して商品選びをした方がいいでしょう。
「B型は機動性が良い」イコール「転がしやすい」とは限らないことにご注意下さい。

No.0170 Question
まだ7ヶ月にならないのですがB型を使ってはいけないでしょうか?
Answer
赤ちゃんには個人差がありますのと、使用頻度や路面状況など、様々な要因で、結果は変わると思いますので、そのあたりを踏まえていただいたうえで、一般的なお話をします。また表向きには販売店の勤めとして「B型は7ヶ月から」という返事しか出来ないので、個人的見解としてお答えします。
B型の規格はある程度お子さんが「一人座り出来る時期」を迎えている、つまり、それなりの「体格と骨格と筋力の成長」があることを前提に設計されています。7ヶ月と言うのは大雑把な目安でしかなく、実際的には7ヶ月相当の「体格」と「お座りの度合い」が目安となるように思います。特別成長が遅れているわけでなく、お座りも完全といかないまでも、支えれば機嫌よく座ってい続けられる状態ならば、ゆるい角度のリクライニングにセットして使用が開始出来そうに思います。
また、規格というものの一般常識から月齢を指標にする場合、「その月齢になっていれば、ほぼすべてに近い赤ちゃんが、その規格品の使用に耐える状態に達する」と見通しが立たなければ指標として成立しません。このことを逆手にとって言えば、「B型を使用するにあたり、月齢7ヶ月は[ほぼ充分な月齢]であり、個人差の範囲でそれ以前に使用に耐える成長をみせるお子さんも多数含む」と言えそうです。ただ、それをユーザー個人が判断するには諸問題あるので、一律に「B型は7ヶ月から」という言い方にならざるを得ないのだろうと思います。
余談ですが、興味深いアンケートデータがあるので紹介します。数店の量販店でB型ベビーカーを購入した方への直撃アンケート(回答200人)のデータです。(アップリカ提供)
1.(B型購入時)現在のお子さんの月齢は?
・0ヶ月・・・3%
・1ヶ月・・・2%
・2ヶ月・・・8%
・3ヶ月・・・11%
・4ヶ月・・・16%
・5ヶ月・・・34%
・6ヶ月・・・16%
・7ヶ月以上・・・10%
2.(7ヶ月未満で購入された方に) すぐにご利用になりますか?
・すぐ使う・・・77%
・使わない・・・23%
このようにB型ベビーカー購入者の90%が、お子さんの月齢が7ヶ月未満の時期に購入されており、さらにその中の77%の方が、すぐに利用を始めたいと考えていらっしゃいます。結果、全体の70%の方は、7ヶ月未満でB型を利用、もしくは利用したいと考えていることがわかります。1のアンケートの数字で大きい月齢の方から逆算すると、6ヶ月から4ヶ月までの方の数字を足しても70%にはなりませんから、なんと3ヶ月から使おうと考えている方もあることになります。これは驚きですね。
実際にどんどん利用されているのか購入後の状態まではわかりませんが、これだけの数字が出てくると闇雲に「B型は7ヶ月から」と強く言っても空振りのような気がしてきます。でも、3ヶ月、4ヶ月というのはあまりに極端なような気がします。赤ちゃんが心配です。
B型サイズでフルリクライニング機構の付いた「AB兼用タイプベビーカー」が発売され始めたのはそうしたニーズを捉えたからに他なりません。無理が心配なら、そうした新しいベビーカーを選択するのが無難でしょう。

No.0157 Question
7ヶ月になれば、おすわりが出来なくてもB型に乗れますか?
Answer
7ヶ月でお座りがまだできないお子さんは少なくありませんが、一般的には問題ありません。B型ベビーカーの大半はわずかながら、リクライニングがありますので、一番緩やかな状態にして、背もたれにもたれかかって、乗るようにすれば、意外と大丈夫です。
ただし、長時間は姿勢が崩れてきつかったりしますので、機嫌を見ながら、短時間の使用から試していきましょう。また、ベルトをきちんとしないと、姿勢が余計に崩れやすくなりますので、短めに調整して使いましょう。

No.0118 Question
アップリカとコンビのB型ベビーカーの良い所、悪い所を教えてください。
Answer
★アップリカB型だけのメリットとデメリット
  (○)・基本的に片手での開閉が可能。
      (若干コツは要す。詳しくはFAQの0112、0114 Questionへ)
     ・完全に畳んだ状態ではアップリカの方が転がしやすい。
     ・衝撃を吸収しやすいフレーム構造。
     ・前輪キャスターフリーのままでも畳める。
     ・上位グレードはハンドルの高さが調節できる。
     ・安定して自立する。
     ・屋外に放置すると開閉不良が起きやすい。
      (アフターで改善は可。ただし5000円以上費用がかかる。)
     ・ショルダー使用時に、タイヤが服に触れやすい。(ネルッコは改善策あり)
★コンビB型だけのメリットとデメリット
  (○)・構造的に剛性感が高く、しっかりとした押し応えがある。
     ・わりと雑に使っても不具合が発生しにくい。
     ・ショルダーストラップを使って背負う時、タイヤが体に触れにくく汚れを防ぐ。
     ・畳んだ時の本体の厚みがアップリカより若干小さい。
     ・2つ折りでもロックがかかるようになったので、薄く畳めてかさばらない。
  (×)・開くのは片手で可能だが、畳むのは基本的に両手とされている。
      (ただし、要領を得ればできなくはない。詳しくは0116、0117 Questionへ)
      ★2002/7発売のオートキッズはワンタッチで閉じられるようになりました。
     ・完全に畳むと自立するが、いまいち不安定。
       (2つ折りの時はブレーキをかけて壁に立てかけないと自立しない。)
     ・前輪のキャスターの向きをロック、または揃えないと畳めない。
     ・どのクレードもハンドルアジャスターがない。
      (基本的に高めなので、小柄な方だけ注意すれば良い)
◆2002/7月追記◆
アップリカからは「ネルッコベッド」、コンビからは「オートキッズ」という、新機構のついた新しいベビーカーが出ています。
・ネルッコは基本的に今までのアップリカのB型の性格をそのまま引き継いでいます。フルリクライニング付きで、早い月齢からB型感覚の軽快性を手にしたい方にはとてもありがたい製品。
・オートキッズは画期的な開閉システムで実際の使い心地も上々です。
★コンビ「オートキッズ」のメリットとデメリット
  (○)・開閉操作にはコツがいるが、慣れればアップリカより簡単。
     ・新機構を加えながらも3.8キロと、とても軽い。
     ・構造的に剛性感が高く、しっかりとした押し応えがある。
     ・わりと雑に使っても不具合が発生しにくい。
     ・ショルダーストラップを使って背負う時、タイヤが体に触れにくく汚れを防ぐ。
      (オートキッズからストラップにズレ防止ゴムが付いてずり落ちにくくもなりました)
     ・畳んだ時の本体の厚みがアップリカより若干小さい。
   (×)・畳んでも自立するが、若干不安定。
     ・ハンドルアジャスターがない。
      (基本的に高めなので、不自由はない)
     ・収納サイズが同じコンビのB型より少し大きくなる。
     ・新しい開閉機構の耐久性は未知数。

◆2003/6月追記◆
※2003年7月、オートキッズに新しいラインナップが大量投入。新規発売から1年近くを経て、耐久性等についてもOKとメーカーが判断したものと思われます。

★アップリカから2003年新発売の「カルッコ」は、アップリカ製品のデメリットだった「片手開閉できるとうたいながら、実はけっこう難しい」という部分を、ほぼ完全に払拭しました。少しの練習で片手開閉がマスターできます。詳しくはBaby-Pro REPORT(9)を参照下さい。
これによって、今後は片手開閉機構を充実させた「コンビ オートキッズ」と「アップリカ カルッコ」がB型市場のメインになると思われます。

No.0117 Question
コンビのB型ウェルキッズの片手開閉のコツ(開く)
Answer
<〜2001年モデル>
完全に畳んだ状態から開く際は、本体中央部にある自動フックを外して、ハンドルの上部の左右どちらかの端の方を持ってください(「端の方」というのがポイント)。車輪が浮く程度に持ち上げてから軽く揺さぶります。自然に前方にパタンと開きます。
<2002年〜モデル>(オート開閉モデル除く)
完全に畳んだ状態から開く際は、本体中央部にある自動フックを外して、ハンドルの上部を持ち、「少し左右に広げて」から、開閉ボタンを 握って持ち上げます。前方にパタンと開きます。「少し左右に広げて」という部分が片手では難しいので、両手が推奨されていますが、ハンドルの端を持って軽く持ち上げるようにしてから、中央のボタン部分に持ち替えるといいかもしれません。
または、自動フックを外した後、すぐに開閉ボタンを握り、一旦、前方に傾けて倒すようにして、ゆっくり引き起こしても、わりとうまく開きます。(前方に倒すことによって左右に開きますので、次の前後の開く動作がスムーズになります。)

No.0116 Question
コンビのB型ウェルキッズの片手開閉のコツ(畳む)
Answer
※オート開閉機構のないウェルキッズについての解説です。
畳むときは、ハンドル部の開閉レバーを握って、思い切り後ろに倒しこむと、前後に畳むことができます。
または、後車輪部を片足で押さえつけた状態で、ハンドルを一旦引き上げ、途中から下に押し下げる「やまなり」の動作を覚えればスマートに畳めます。2002年モデルから、この2つ折りの状態でもロックがかかるようになりましたので、そのまま車輪にロックをかけていれば、壁に立てかけておいて置けます。
完全に畳む場合には、片手しかあいていないときは足を利用して畳みます。右利きなら、右手でハンドル上部の右側を逆手で持ちます。右足のひざをベビーカーの背もたれ部を支えている本体フレームの左側フレームのやや後ろにあてがいます。右手をひねってベビーカーを折り曲げます。(ベビーカーがひざで持ち上がるような感じになります。)自動フックに狙いを定めてはめ込んでください。
折りたたみ時は、前輪キャスターをロックした方がいいです。このロックした時の状態にキャスターが向いていないと折りたたみはできませんし、無理やり行うとキャスター部に無理がかかり、パーツの変形につながります。慣れれば、キャスターフリーのままでも、ベビーカーをまっすぐに前進させてキャスターの向きを揃えた状態で、折りたたみを始めることでロックを省略できます。要は前後の車輪の向きが揃っていればいいのです。

No.0115 Question
コンビのウェルキッズを使ってますが、折りたたみ最後のフックがずれてはまり難いのですが不良ですか?
Answer
最後のフックをかける時に位置が少しずれてはまりにくいと思ったときは、ベビーカーの後側に飛び出している自立用のスタンドが地面について、本体を捻るように作用していることが大半です。最後のフックをかける時、ベビーカーを斜めにせずに、まっすぐ立てた状態で畳むか、タイヤを浮かせた状態でするとスムーズにロックできます。
もっとも、キャスターをフリーにしていてちぐはぐな方向に向いていると、キャスター同士がぶつかって、自動フックが届かないことがあります。NO.116 Questionの末尾にあるように、キャスターロック、または方向を前向きに揃えることをお忘れなく。

No.0114 Question
アップリカ4つ折りベビーカーの片手開閉のコツ (たたむ)
Answer
★折り畳みを片手でしたい★
ロックには2つあって、1つは本体のロック。これはハンドルを付け根の方にたどって行くとわかります。ロックの瞬間ポコッとはまり込む部分があります。左右に1箇所ずつあります。もう1つはハンドルが開かないようにするロックです。ハンドルを両手で折り曲げるとカチカチッとロックがかかる音がします。まず、その2つを確認してください。
次に動作ですが、説明書にもあるように最初はハンドルのボタンを握って、思いきり後ろに倒しこめば、半分くらい畳んだ状態になります。慣れれば、ボタンを握ってハンドルを持ち上げ、少し後輪が前方に移動したところで、下向き(前輪の方向に向って)に押し下げると同じ状態になります。
そこからロックを掛けるまでが、ちょっと難しい部分です。(半分折りたたまれた状態で自立しているとします。)
右利きなら、ベビーカーのすぐ左側に立ってください。右手はハンドル上部の右側を持ちます。ベビーカーの左側面を軽く曲げた右足のひざから腰で支えて、ハンドルを内側に折り曲げながら、かつ下側に押さえつけます。(4輪がベタッと地面についていると畳みにくいのでひざに寄せてやや斜めになっている方が良い。)
この動作で、ハンドルロックと本体ロックが同時にかかります。これはハンドルを内側、つまりからだの方に寄せることによりハンドルロックをかけると同時に、タイヤが転がることによってベビーカーが前後にぶれるのを防ぎ、下方向に抑えつけることで行なわれる本体ロックもやり易くなります。
片手で出来るようになると、手がふさがっている時に便利です。ただし、両手が開いていれば、両手でする方が早いかもしれませんけど。(両手を使うときは、セーフティガードとハンドルを持って畳みますが、4車輪とも地面から浮かせて行なうとスムーズです。)

【カルッコの場合】
ハンドル部の折り畳みがなくなった分、かなり簡単になったような気がしますが、最後のロックをかける操作はやはりコツがいるようです。
後ろに思い切り倒して途中まで畳めたら、ベビーカーを起こし、ハンドル部を上から押さえつけて、ロックがかかるまで小さくするのですが、結構力がいります。上から押さえないといけないのに、車輪が内側に集まろうとするのを地面との摩擦が邪魔をするからです。一度に押さえきってしまおうとせずに、グッグッグッと何度かに分けて押さえる方がうまくいきます。

もう一つ、すごくうまく畳む方法があります。練習がさらにいりますが、次のような方法です。
開閉ボタンを握って後ろに倒し、途中まで畳んだら、ベビーカーを起こさずに、ロックボタンを離し、そのまま勢いよく後ろに引きます。勢いよく引いて留めた瞬間にロックがかかります。最初はオーバーアクションになりやすいでしょうが、慣れるとまるで手品のようです。この方法だと車輪を転がすので、車輪が中央に寄ってくる動きが摩擦抵抗無しに行なえるのがミソです。さらに詳しくはREPORT(9)を参照下さい。

No.0112 Question
アップリカ4つ折りベビーカーの片手開閉のコツ (開く)
Answer
★開く操作を片手でスマートにしたい★
開く時のベビーカーの動きを良く見てみてください。試しにハンドルのロック解除ボタンを握ったまま、全部の車輪が浮きあがるところまで、ちょっと勢い良く開いてみてください。後ろ車輪がパッと後ろに飛び出して、再び少し戻ってしまうと思います。
コツは、ハンドルを引き上げる際、ある程度勢いをつけ、後ろ車輪がなるべく後ろに飛び出してくるようにして、一番後ろに飛び出した瞬間を狙って、後ろ車輪を地面に降ろします。あとはハンドルを下方向に押し付ければ、自然に開いてロックがかかります。一瞬の動作なのですが、折り畳みよりは簡単に習得できます。

前へ [ TOP 1/ ] 1 2 3 [ /3 END ] 次へ

お問合せフォーム
お気軽にご相談下さい。お待ちしております
名前
メールアドレス
質問事項
折り返し応募確認のメールが届きます。
確認メールが届かない場合はもう一度アドレスをお知らせください。
すべてのご質問に回答ができない場合があります。ご了承ください。

新しい質問をする 最近のお問合せ
ベビーカー全般 A型ベビーカー B型ベビーカー 2人乗りベビーカー AB兼用ベビーカー
その他ベビーカー        
カーシート全般 アップリカカーシート コンビカーシート ベビーシート 輸入カーシート
ベビーラック全般 アップリカ ラック コンビ ラック    
ベビーベッド サークル モニター 木製ハイチェアー アウトレット
はじめてのお客様へ ショッピング方法 お支払い方法 送料について 返品交換について
育児のワンポイント        
その他カテゴリー外


Copyright (C) 2001 Baby-Pro All Rights Reserved.