Baby pro ロゴ  
TOP - ショッピング - お客様の声 - プレゼント - FAQ - 売れ筋ランキング - Baby-Pro REPORT - おすすめリンク - システムガイド - Baby-Proについて

素朴な疑問から、技術的な質問まで、あらゆるベビー用品の「?」を解決いたします。




2017年10月18日20時01分

● 購入前の商品選びから、購入後の上手な使い方まで、はば広く活用できるFAQ集です。
● 皆様からお寄せ頂いた質問メールは述べ15000通を超えました。
  こだわって、とことんお客様と取り組んだ記録がいっぱい盛込まれていますので、
  カテゴリーと検索をうまく活用してお役立て下さい。
  (解説用に画像を用意しているものは、質問の文字列がリングボタンになっています)
AND/OR検索で複数のキーワードは半角スペースで区切る。
    検索式は"&"、"|"、"!"と優先指定の括弧が使用可能。

検索フォーム
から

AND  OR  検索式 
新しい質問をする 最近のお問合せ
ベビーカー全般 A型ベビーカー B型ベビーカー 2人乗りベビーカー AB兼用ベビーカー
その他ベビーカー        
カーシート全般 アップリカカーシート コンビカーシート ベビーシート 輸入カーシート
ベビーラック全般 アップリカ ラック コンビ ラック    
ベビーベッド サークル モニター 木製ハイチェアー アウトレット
はじめてのお客様へ ショッピング方法 お支払い方法 送料について 返品交換について
育児のワンポイント        
その他カテゴリー外

前へ [ TOP 1/ ] 1 2 3 4 5 [ /5 END ] 次へ


No.0412 Question
2才半ですが、早めにジュニアシートに移行しても大丈夫でしょうか?
Answer
ジュニアシートに移行するときに注意するポイントは大きく二つあります。
一つは体格的なもの。座面だけのジュニアシートは4才から、背もたれ付で3才から使用可能となっています。具体的な体格については製品ごとに微妙に違いますが、背もたれ付で、身長95ないし100センチ以上、体重で15キロ以上となっているものが多いでしょう。

ちょっと早いけれど、お客様のように2才台から、早めにジュニアシートに移行したいと考える親御さんはことのほか多く、実際に載せてみると、案外、違和感がないケースが多いです。

もう一つの問題は、お子さんの意識・自覚の問題です。チャイルドシートのように肩・腰・股と5点のハーネスでしっかり支えているチャイルドシートと違い、ジュニアシートは大人と同じ3点式シートベルトです。きちんとした姿勢で座っていないと効果がありません。体を捻ったり、ベルトを緩めて抜け出したりしやすく、「自制心」が伴わないと危険を招きます。

さらに危険なのは、腰が崩れて猫背になる姿勢です。小さなお子さんはすぐにお尻が前側にずれていってしまいます。そうすると大切な「骨盤拘束」ができなくなり、事故時には内臓圧迫が心配です。ひどいと、ドルフィン現象といって、正面方向の衝撃時に、シートベルトの下を体が潜っていって首つり状態になるケースもあります。しかも、これは珍しい現象ではなく、股ベルトがないジュニアシートでは、とてもありがちなことなのです。

3歳前後のお子さんを乗せると、たいていの場合、上記のような問題が出てきます。腰を深く、しっかり座らせようと思っても、すぐに崩れてしまうのです。

こうしたことから、お子さんの様子を観察して、体がしっかりしないお子さんや、落ち着きがないお子さんの場合は、規定の体重以内において、なるべく長く「チャイルドシート」を使用することをお薦めしています。5点式ハーネスなら拘束が確実ですし、衝撃も分散され、より安全です。

事故さえなければ、早めのジュニアも全く問題ありませんが、本当に事故対策として考えていらっしゃるなら、あまり急がない方がいいと思います。

No.0354 Question
少し古いBMW 3シリーズですが、0〜4才で使用できるカーシートが見つかりません・・・
Answer
シートベルトの下側の取付け位置が、左右で前後差があると思います。ドア側はタイヤハウスの影響でかなり前側にずれています。一般的にカーシートはベルトで後ろ側に引きつけることで固定しますので、このように前後差がありますとカーシート自体が斜めに向いてしまいます。

BMW 3シリーズはこの傾向が特に強く、背もたれ傾斜も大きめなので、思うようにカーシートが固定出来ません。似たようなレイアウトの車種は他にもありますが、いろいろな裏技を駆使してもなかなかうまくいかず現場で指導にあたる中で、私も苦労している車種です。(2ドアクーペはさらに都合が悪いです)

結局のところ、0〜4才の対象のどのカーシートもきちんとは適合しないのですが背もたれ面に厚くクッションや毛布を差し入れ、座席を修正することに取り組めれば、ある程度使用に耐える程度まで取り付けができる可能性はあります。

もしシートベルトが内側から出ているタイプなら、とりあえずアップリカのベッドタイプは候補から外してください。コンビのイス型なら、幾分ましです。ゼウスターンを試みたとき、どうにも固定感が得られず苦労しましたが、背面を盛り上げて修正することでなんとかユーザー様の納得のいく程度には取り付けできました。ただし、事故の衝撃にどの程度耐えにられるか疑問で一般にはお勧めできません。プリムロングの方がまだ取組みやすいかなと思いますが、後ろ向き装着はどうにか出来ても、前向きはやはりかなり内側を向いての装着となります。しかもリクライニングを起こすとゆるみます。やはり背面にものを詰めて補正することが必要です。

タカタやなども同じくです。結局のところ、どの程度創意工夫して取り組めるかにかかっています。頑張ってください、というと投げやりに聞こえるかもしれませんが、正直なところ工夫するしかないような気がします。全く取り付けできないわけではなく、固定感の問題ですから、まだ救いがある車種と思います。事情を話して、だめでも適合について検証をつきあってくれる地元店舗を探せるといいですね。あてがってみないことにはポイントがわからないと思いますので。

No.0326 Question
乗り物酔いを防ぐことができるカーシートはありますか?
Answer
大変申し訳ありませんが、乗り物酔いを軽減するような仕組みはどのカーシートも持ち合わせていないように思います。これはお子さんが車の動きと自身の半器官の感覚のズレを補正する「慣れ」が必要で、一般に前方が見やすい助手席に乗せるというのが対策の一つですが、前席は危険で安全上は勧められません。

また、酔いのひどい方というのは、自分が運転するようになってはじめて適応出来るようになることも珍しくなく、難しい問題です。楽しい歌のCDをかけて一緒にうたいながら過ごすなど、気が紛れる過ごし方をされると幾分軽減されるかもしれません。

しかし、一般的に就学前は乗り物酔いを示すことがほとんどありません。もちろん個人差はありますが、内耳の半器官の発達が特に早いお子さんでない限り、幼稚園くらいまではあまり乗り物酔いに困ることはないものです。

No.0325 Question
ベビーシートを検討中。安全性に妥協したくはないのですが、予算が限られています・・・
Answer
事故がなければどんな商品でもおよそ問題はありません。極限的な事故に見舞われた際に、商品の善し悪しで差が出ます。予算をどう振り分けるかは、いい保険に入るか、そこそこの保険に入るかといった違いになります。

一般に価格差はさして安全性能に比例しません。ただ、ベビーシートに限って言えば、価格差が安全性能の差にある程度反映しています。(2004年現在)

命に勝る大切なものはないので、妥協をしないことも大切ですが、どのような商品も基本的な安全性能は国が認めているレベルなので決してうがった見方をする必要もありません。2003年以降は日本の安全基準もまずまず信頼出来るレベルに向上しています。

あとはお客様の判断ですが、夫婦で互いの理解の接するところを探ってください。育児は共同作業ですから。頑張ってくださいね。

No.0323 Question
日本の新しい安全基準では、床に突っ張る装置が必要になったのですか?
Answer
それは誤解です。車の床に突っ張る補助具は汎用としては認可されていません。車種限定で、車側の条件も確認出来ているものについて利用が出来ます。出来れば、座席上で取り付けが完了するものを理想としています。

No.0311 Question
車はRX-8に一般的なカーシートは載せられますか?
Answer
品物をうまく選べば取付けは可能ですが、下記の点が心配です。
・かなり座面の傾斜がきついこと
・シートベルトの取付け幅が狭いこと
助手席はエアバッグが付いているので後ろ向き装着は不可です。後部座席で使用しましょう。乳児専用のベビーシートであれば小型なので納まりそうです。
前向きに使える時期には、一般的なチャイルドシートでも適合するものがあるようですが、予算が許すなら、大変に優れたレーマーの供給する純正品があるので、そちらをお薦めします。ISOFIX固定で万全です。

No.0308 Question
双子です。ベビーシートをセダンに2台つける場合、どの座席が良いのでしょう。
Answer
セダンなどの2列シートですね。結論から言うと後部座席に2台取付けするのが無難です。
ベビーシートは前後にスペースをとりますので、助手席とその後ろの席に取付け出来るのはやや大型の車種に限られます。
また、前席の多くはエアバッグが付けられており、国産車の場合は解除が出来ません。仕様上、外すことも出来ないようで、例を聞いたことが今のところありません。前席は事故時の死亡率も大変高く、夏場は直射日光を浴びてかわいそうですし、日除けを使うとドアミラーを隠してしまって運転がままならないこともよくあります。そうしたリスクを背負ってまで、前席を利用するメリットはないと思われます。

通常、後部座席左右を使用しますが、運転席も少し前にずらさないといけない場合が多く、体格の大きい方は運転がしづらくなります。

授乳についても、おむつ替えについてもスペースに余裕がなく、長時間の外出は結構面倒なものになります。3列シートのファミリーカーを利用する方が激増したのは、このようにカーシートの法制化で車内スペースに余裕がなくなったからです。車の買い換えはとても大げさなアドバイスで非常識と思われるかもしれませんが、実際、出産を機会に大きな車に買い換えする方はとても多いです。

当面それが難しいとすれば、後部座席に2つ取付けするということで、トライしてみてください。広めの車ならば、ぎりぎり2つのベビーシートの間に奥様が座ることも出来なくはありません。(かなりタイトで長時間は無理ですが)

可能ならば車の買い換えも視野に入れて、ご検討ください。案外それが一番現実的だったりします。逆に言えば、それほど2列シートの車で双子のお世話をするのはたいへんと言うことです。慎重にご検討ください。

No.0299 Question
ISO-FIXを利用できるチャイルドシートは、車両メーカーにしかないのでしょうか?
Answer
ISO-FIXは2006年に正式な統一規格が定まり、2012年までに車やチャイルドシートに規格があてがわれていきます。これらの汎用品が普及するのには何年もかかると思いますので、それまでの間は、各車メーカーの純正品を購入するしかありません。

このことについての詳しい解説は、Baby-Pro REPORT22を参照下さい。
質問文のところをクリックするとリンクしています。

No.0298 Question
車のシートベルトが2点式なのですが、使えるカーシートはありますか?
Answer
国の指針でカーシートの認定試験が3点式シートベルトでしか行われなくなりましたので、2点式で使えるというカーシートは国産品では皆無になってしまいました。たとえ使える構造であっても認証を受けていないので使用不可能という表記になります。まだまだ2点式の座席しかない車も多い中、理不尽なことと思いますが、残念ながらどうしようもありません。

メーカーが明確に2点式でも使用可能としているのは、ドイツレーマーのキングクイックフィックスくらい。
http://www.baby-pro.co.jp/shopping/baby_shop.cgi?Category=seet08

類似の構造で、正式には非対応ですが、使えなくはないという意味でオランダ マキシコシチャイルドも候補に入れられるかも。
http://www.baby-pro.co.jp/shopping/baby_shop.cgi?Category=seet04

これらはいずれもお座りがしっかり出来てから使用するチャイルドシートで新生児から9ヶ月未満の子供も使用出来るものとしては、アメリカ方式のベビーシートがあります。グレコ社のものを扱っています。
http://www.baby-pro.co.jp/shopping/baby_shop.cgi?Category=seet05

一般的な新生児、乳児兼用タイプではコンビのネオシスファーストが構造的には2点式で充分なはずですが、固定の仕方を独自に工夫しないといけないので、踏まえて頂く必要があります。
他の製品群も、説明書を無視して、独自の工夫をしたならば、普段の使用には差し支えないものが多数ありますが、事故時の衝撃に対して安全を保てない可能性は高くなります。

それでも何もない状態よりはましと考えるしかないかもしれません。旧製品で探すのは大変でしょうし、旧製品は安全性が現在のものより劣るので、結果的に大差ない可能性もあります。とても複雑で、うまくアドバイス出来ませんが、とりあえずは以上のことを踏まえてご検討ください。

No.0292 Question
1才になりますが肢体不自由児で座位保持ができません。普通のカーシートが使えるでしょうか
Answer
チャイルドシートは基本的に幼児が眠ってしまってもサポート出来るように設計されていますので、多少の不自由度なら、ほとんどの製品がそのままでも使用可能な場合が多いと思います。支えれば座れる程度なら、あまり心配いりません。頭部の保持も全く出来ない重度の場合は、気道の確保のために神経を使いますが、通常は取り付け角度を緩やかにして、頭の左右をタオルなどで支えるだけでもかなり使えると思います。

重度の場合は将来的なことも考えて、専門の工房でシートを仕立てて頂くのが無難です。保険の利用も視野に入れて医師にご相談ください。

一般的なカーシートで補いたい場合には、リクライニングの自由度の高いものが良いでしょう。1才程度の体格があり、支えればお座りも出来る程度でしたら、マキシコシチャイルドが経済的にも負担が少なく、お勧めです。(コンビ幼児学童のページに掲載)
予算があって、座面の深さのあるものが欲しい場合にはレーマーのキングクィックフィックスがお勧め。(レーマーカーシートのページに掲載)
両者ともとびっきりの安全性を評価されているものです。取り付けた後で自由にリクライニング角度が変えられます。あとはお子さんとのフィッティングの問題だけ。
一時的にも角度を起こす必要すらないならば、寝かせた角度で固定してしまえるので、コンビのプリムロングも良いでしょう。重心が低く、サイズにも余裕がありますので、長く使えそうな気がします。(コンビ新生児対応のページに掲載)

不自由の程度がよく分かりませんが、医師に相談の上、一般的なカーシートで様子をみても良いと言われた場合にはご検討ください。

前へ [ TOP 1/ ] 1 2 3 4 5 [ /5 END ] 次へ

お問合せフォーム
お気軽にご相談下さい。お待ちしております
名前
メールアドレス
質問事項
折り返し応募確認のメールが届きます。
確認メールが届かない場合はもう一度アドレスをお知らせください。
すべてのご質問に回答ができない場合があります。ご了承ください。

新しい質問をする 最近のお問合せ
ベビーカー全般 A型ベビーカー B型ベビーカー 2人乗りベビーカー AB兼用ベビーカー
その他ベビーカー        
カーシート全般 アップリカカーシート コンビカーシート ベビーシート 輸入カーシート
ベビーラック全般 アップリカ ラック コンビ ラック    
ベビーベッド サークル モニター 木製ハイチェアー アウトレット
はじめてのお客様へ ショッピング方法 お支払い方法 送料について 返品交換について
育児のワンポイント        
その他カテゴリー外


Copyright (C) 2001 Baby-Pro All Rights Reserved.