Baby pro ロゴ  
TOP - ショッピング - お客様の声 - プレゼント - FAQ - 売れ筋ランキング - Baby-Pro REPORT - おすすめリンク - システムガイド - Baby-Proについて

素朴な疑問から、技術的な質問まで、あらゆるベビー用品の「?」を解決いたします。




2017年04月30日06時26分

● 購入前の商品選びから、購入後の上手な使い方まで、はば広く活用できるFAQ集です。
● 皆様からお寄せ頂いた質問メールは述べ15000通を超えました。
  こだわって、とことんお客様と取り組んだ記録がいっぱい盛込まれていますので、
  カテゴリーと検索をうまく活用してお役立て下さい。
  (解説用に画像を用意しているものは、質問の文字列がリングボタンになっています)
AND/OR検索で複数のキーワードは半角スペースで区切る。
    検索式は"&"、"|"、"!"と優先指定の括弧が使用可能。

検索フォーム
から

AND  OR  検索式 
新しい質問をする 最近のお問合せ
ベビーカー全般 A型ベビーカー B型ベビーカー 2人乗りベビーカー AB兼用ベビーカー
その他ベビーカー        
カーシート全般 アップリカカーシート コンビカーシート ベビーシート 輸入カーシート
ベビーラック全般 アップリカ ラック コンビ ラック    
ベビーベッド サークル モニター 木製ハイチェアー アウトレット
はじめてのお客様へ ショッピング方法 お支払い方法 送料について 返品交換について
育児のワンポイント        
その他カテゴリー外

前へ [ TOP 1/ ] 1 [ /1 END ] 次へ


No.0369 Question
ラックを使用中ですが、子供が勝手に立ち上がるようになりました。ハイチェアーに移行した方がいいですか?
Answer
ハイチェアーには通常腰ベルトがないものが多いため、立ち上がって困るときには、ご利用中のラックが一番適しています。腰ベルトをきちんとフィットするように調整すると簡単には抜け出せません。肩ベルトも併用すればより良いですが、今まで使用していなかったのであれば、この時期のお子さんは今更、受け入れてくれないでしょう。なので、せめて腰ベルトの長さ調節はきっちり行ってみてください。

木製ハイチェアーは、たとえガードやテーブルがあっても体にぴったり合わせる機能まではないので、やはり立ち上がりの危険があります。ラックより怖いのはむしろこうしたハイチェアーなので今回のお問い合せの内容をみると、ほとんど解決にならないように思います。転落の危険を、ある程度自覚できる年齢からがベターです。そうでないときは、ラックを継続して利用するか、ハイチェアーでそばを離れないことです。

ベルト類がしっかりあることが、ラックの大きな利点です。それをいかせる機会なので、みすみすハイチェアーに移行して問題を引きずるのではなく、今一度ご検討ください。

No.0363 Question
アンレーブ・レミニス・ソノバデターンのそれぞれの特徴を教えてください
Answer
アンレーブ399ももちろんよいものですが、廉価版のレミニスが、アンレーブ399と比べてひどく劣るのかというと、車輪にゴムが付いているかどうかくらいで、機能、サイズ、重量ともほとんで違いがありません。

昔は廉価版には、一つ二つ前のモデルをベースにしたりして明らかな機能差がありましたが、今は作り分けることの方がコスト高になるということで、プロバーモデルと廉価版で造りに差がない場合があります。コンビのラックがその典型です。

デザイン的な好みを抜きに考えれば、レミニスのコストパフォーマンスは無視できません。高品質という意味での推薦とは違いますが価格とのバランスで大変メリットのある商品ということで掲載しています。

本当はこれがいくら売れても利幅が少なすぎて儲けにはちっともなりません。量販店にお任せしてたらよい商品群ですが、お客様のためにははずせない製品と考えています。

ソノバdeターンは4輪キャスターがウリです。大きなボディですが部屋の中をちょこちょこ動かすことが多い方には扱いやすさがあります。足カバーがついたモデルはセカンドベッド的な雰囲気もあって、快適なイメージがあると思います。

実際には足カバーがあってもなくてもそんなに差はないので、言ってしまえば「雰囲気」です。赤ちゃんは動き出しても、足をけって上にいくことはあっても、下の方(足の方)には行きにくいものです。しかもベルトもありますから、足カバーが安全上欠かせないと言うものではありません。予算があれば、そういう商品もいいですよ、という程度です。(所有欲は満たしてくれます)

シートサイズはソノバdeターンが少し大きく赤ちゃんもより快適です。サーモ付で通気性も良いです。たたんだときの製品の体積は、アンレーブやレミニスの方が小さいです。(ラックそのものがとても大きいので、ここで「小さい」といっても、あくまで比較したときの場合ですからあしからず。

品物を触ったときのシートの良さ、上質感はソノバdeターンが一番持ち合わせています。あとは価格差をどう解釈するかです。予算が負担でないなら、ある程度良いものを購入するのがいいと思いますが、できるだけ低予算で済ませたいなら割り切ってレミニスでも十分です。

ラックはかなりかさばりますから、うまく使えたなら良いですが、あいにくラックを好まない赤ちゃんだったりしますと、1歳以降、うまく活用できずにお蔵入りすることもあります。(最初の1年間はたいてい大活躍しますが、動き出すとラックにじっとはしてくれません。) そうしたリスクを考え、検討を進めてください。

No.0342 Question
電動ラックはアップリカとコンビ、ずばりどちらがお勧めですか?
Answer
この質問はつらいです。どちらも一長一短あって一概にどちらが良いとは言えないからです。揺れのやさしさからいうとアップリカの方が明らかに使いやすそうなのですが、まだ構造に雑さが残っており、いまから細かな改良を重ねていけばよいものになりそうですが、今の時点では、80点の完成度です。

コンビの方はスウィングが早いというどうしようもない特徴がありますが、極めつけの静かさと、動きのスムーズさが魅力です。また折りたたむとアップリカよりもかなり小さくなりますので(それでも大きいことに違いはありませんが)、収納時に幾分救われます。

2輪キャスターと4輪キャスターの違いは、両方使ってみれば、4輪の方が使いやすいとわかりますが、2輪しか知らなければそれなりに慣れるものです。

電動ラックを開発して長い歴史を持つコンビは、初歩的な不具合はすべて解決してきていますので、思いがけない不具合に不愉快な思いをすることはないでしょう。
アップリカの方は、リモコンの初期不良など、まだ初々しい不具合がありまして、一応当方でチェックできることはしていますので、変なものは出荷しませんが、耐久性や性能の安定性はまだ未知数です。

「信頼」ということを重視するとすると、コンビの方がお勧めしやすいかな、と思います。正直言うと一昨年、ある時期のコンビの電動ラックに成型不良があって回収修理ということもありましたので、完璧ではありませんが、長い間にはそういうこともあるものです。性能を否定する内容ではないと思いましたのでそういう事実があったとしても、コンビの方が失敗がないような気がします。

アップリカがはじめての電動ラックということが、マイナス要因です。どんなものでも失敗を繰り返してよいものになっていくので、新しければよいというものでもありません。

機能ついてはホームページで詳しく書いていますので、ここでは少々観念的な話になってしまいましたが、参考にして下さい。

No.0321 Question
電動ラックの揺れが脳に悪い影響を与える事は無いですか?
Answer
アップリカは長い時間の機械的な揺れが、脳波の微妙な乱れを引き起こすのを試験で確認して、タイマーも短めです。ただし、この乱れは一瞬でも揺れを止めるとすぐに再開しても発生しないこと、揺れ方に変化を付けると乱れが生じないなどの結果も出ており、現在、より負担のない自然な揺れの実現に取り組んでいます。

コンビはそうした事例はないと見ているようです。

私が電動ラックで心配していることに、電磁波の問題があります。各メーカー駆動方法は違うものの、どちらも低周波電磁波が発生します。電磁波問題は現在、国を挙げての研究のさなかで、どういう結論が出るのか分かりません。

現状では、影響があるともないとも言えない部分です。WHOでは低周波電磁波の基準値を定めていますが、それとて実は正確な根拠はありません。しかし、日本の家庭の一部ではWHOの基準値を超える電磁波環境があり、高圧電線の近くの住民や、携帯電話の基地局アンテナ直下の住民から電磁波過敏症や白血病の発症率の上昇など、無視出来ない現代病の症状が指摘されているのも事実です。国も莫大な予算を取って調査をしていますが、調査の評価について見解が大きく分かれており、私どもは何を頼りにしたらよいのか、今はわからない状況です。

ちょっと話が大げさになりましたが、上記は悪い条件が重なったときの話で、直ちに深刻になることはありません。
現実的に電動ラックの話に戻しますと、もう電動ラック自体、20年近く実績があります。電動ラックを使用した赤ちゃんが成人近いケースもあるでしょう。私も3人の子供に使用しましたが、経験者としてアドバイスするなら下記の点です。

・生後1ヶ月未満は使用を最小限にする
・基本的に抱っこを優先する
・赤ちゃんが泣くときには理由がある。空腹、おむつ汚れ、室温など 
 原因を取り除いて泣き方が落ち着いてきたときに電動ラックを併用する
・闇雲に連続利用をしない・電源コードは使用しないときは抜く 
 (駆動していなくても待機電圧で電磁波は発生する)

上記の点に気を付けて、常識的な使用をすれば、およそ問題はないと思いますが、心配な方に無理に勧める物でもないと思っています。参考にして、検討ください。

No.0223 Question
ベビーラックには赤ちゃん(新生児)を長時間寝かせていてはいけないと聞きましたが、本当ですか?
Answer
ある意味本当ですが、状況によります。
<1>
フルリクライニングの平らなラックでしたら、布団とほぼ同じ条件なので長時間寝かせられない理由は特にありません。ただし、狭いために寝返りが打てません。安全のため、ベルトで拘束しますので、赤ちゃんの運動を妨げることもあります。

赤ちゃんは生まれてまもなくから活発に運動を始めます。最初は僅かな動きですが、その繰り返しが筋肉や骨の発育を促進し、首のすわり、寝返り、はいはいなどの段階を経ていきます。狭いラックの中にずっといることは、赤ちゃんのそうした自発的な運動を妨げるので、動きが出てきたら、起きているときはなるべくお布団やマットのうえで、自由に手足体が動く状況を作ってあげましょう。

自発的な運動の量はお子さんによってかなり差があります。生後まもなくから激しく足をけって、布団の上を動くお子さんもいれば、あまり動くことに興味がないのかおとなしく、ラックに収まってても違和感のないお子さんもいます。後者の場合も、それはそれで「その子の個性」なので決して心配は要りませんが、動くことの楽しさに気づくように、マットの上で赤ちゃん体操をするような時間も設けるといいですね。
<2>
赤ちゃんの背骨が正常に発育するには、固めの平らな面で寝かせることが大切だと説かれる小児科の先生方がいます。「極端な話、板の上が理想なくらい」と話されている本も読んだこともあります。その話によれば、ラックはリクライニングさせても、若干傾斜がありますから「平らではない」と言われればそうです。ただし、こうした話はあまり浸透していませんので、一部のお話として知っておく程度でよいと思います。

少なくとも背中が丸くなるような状況が長くあることは良くないといえます。カーシートにしてもラックにしても、まっすぐな面におしりから頭までをきちんとあてがってあげることが大事です。太ももから下が角度が変わっていてもそれは心配要りません。腹式呼吸や、背骨への影響を考慮するときも肝心なのは尾てい骨から上です。
<3>
昔、ラックが今のようにリクライニングしなくてイス型のチルト方式(ラックがイスの形のまま角度がかわるもの)だった頃、赤ちゃんの姿勢が固定されるので、体に悪いと酷評され、かなり話題になった時代がありました。ご年配の方で、その頃の印象をいまだに強く持っていていわれるケースもままありますので、付け加えます。当時のラックは本当に狭く、角度の自由も効かない物でしたが、現代のラックはまったくサイズも構造も違い、快適なものになっていますのであまり神経質になることはありません。少なくとも生後6ヶ月くらいまでは、ラックがセカンドベッドとして利用されることがポピュラーになっています。
<4>
病院の新生児用のコットは狭い箱型のやや傾斜のあるものです。傾斜は吐き戻しの防止のものですが、状況としてはラックに近いものです。ラックは若干「くの字型」の傾斜なのでまったく同じではありませんが、「傾斜」自体は悪くないことがわかります。

状況によっては長時間の利用が悪い場合もあることはわかって頂けたと思いますが、逆に状況によっては心配ないこともご理解頂けましたでしょうか。布団とラックをうまく使い分けて賢く便利にご利用下さい。

No.0119 Question
電動ラックラックなど電気製品を使うときの注意ってありますか?
Answer
電動ラックやベビーモニターなど、電気を使用する製品が乳幼児にどのような影響があるのか、あるいはないのか、はっきりとはわかっていません。
ヨーロッパなどでは、独自の基準でこれらの商品の安全性を試験、評価する機関がありますが、日本は比較的規制が緩やかで、個々の目安は示されていません。
個人的な意見ですが、ベビーモニター類は電波を利用していますので、赤ちゃんのすぐそばには置かない方が良いでしょう。当社で扱っている製品の場合、30センチ以上離せば、全く影響はありません。使用しないときはスイッチを切りましょう。
また電動ラックなども使用しないときはコンセントをこまめに外しましょう。これらはスイッチではなくコンセントを抜くのが適切です。待機電圧でも電磁波は発生しているからです。
様々な家電に囲まれている現代の生活ですが、意外に強い磁界を放つのがホットカーペット。赤ちゃんのいる家庭には向きません。大人は立ったり座ったりしていますが、赤ちゃんは常に低い位置にいるので、影響を受けやすいのです。
住宅密集地で窓のすぐ外に電線が通っている部屋なども環境的にはよくありません。部屋の奥に移動するなど、距離をとるようにしましょう。

No.0043 Question
ラックが壊れるとしたらどんなところですか?
Answer
そんなに頻度はありませんが、実例を紹介します。
 ・背もたれ部をリクライニングさせた状態で上の子が乗ったりぶら下がったりしたために、背もたれ上部の稼動部分(ヘッド部)を破損した
 ・上記と同様の状況で、背もたれ部自体に亀裂が入った
 ・上の子がテーブルに乗ってしまったために、テーブルに亀裂が入った
 ・キャスターロックのレバーを足で踏んで壊してしまった
 ・車輪のロックのレバーを折ってしまった(コンビ)
※(アンレーブ電動のみ)
 ・ラック下に物を置いたまま高さを低く調節したために、底の電動ユニットを覆っているカバーを破損してしまった
 ・大きなお子さんが頻繁に乗ったために、座面がへたってスウィング部からカシャカシャという擦れ音が発生しだした
いずれの例も、パーツ供給ではなかなか修理が大変なので、当方、またはメーカーでの回収修理が必要になります。

No.0041 Question
ラックのクッションに衝撃吸収素材は必要なのでしょうか?
Answer
カーシートとは違うので、クッションのグレードはそんなに高い必要がないように思いますが、グレードの低いクッションはすぐにぺたんこになってしまい、2年も使うとクタクタになってしまいます。その点、グレードの高いラックは、綿のクッションの下にウレタンその他の様々なクッション材が施してあり、複数の子供に代々使用しても寝心地や、座り心地が悪くなりにくいメリットがあります。長く使いたいなら、それなりに高いグレードの商品を選ぶといいですね。

No.0040 Question
ラックのクッションを長持ちさせるにはどうしたらいいですか?
Answer
クッションは外して洗えますが、現実的には、「過度」の洗濯は早くクッションがへたったり、色褪せしたりします。
最初のうちは汗やミルクの吐き戻し対策に、背中・頭部にタオルやガーゼをあててこまめに交換してあげることで衛生が保てます。ちょっとした汚れは濡れガーゼでその都度拭いてあげるのがベターです。

No.0039 Question
シートは痛んだら替えられますか?
Answer
離乳食などが始まるとどうしてもシートは汚れがちです。シートは取り替え可能ですが、同じものを用意しようとすると取り寄せになり、かなり高価なものになります。柄やグレードに拘らなければ「洗い替えクッション」がオプションで用意されており、幾分価格も抑えてあります。股ベルトなしのクッションだけなら汎用の安いものもありますが、股ベルトと柄が変わって違和感があります。股ベルトも痛みやすくシートと一緒に交換した方が、見た目にも綺麗なので、純正の股ベルト付の洗い替えクッションを購入するのがベターでしょう。

前へ [ TOP 1/ ] 1 [ /1 END ] 次へ

お問合せフォーム
お気軽にご相談下さい。お待ちしております
名前
メールアドレス
質問事項
折り返し応募確認のメールが届きます。
確認メールが届かない場合はもう一度アドレスをお知らせください。
すべてのご質問に回答ができない場合があります。ご了承ください。

新しい質問をする 最近のお問合せ
ベビーカー全般 A型ベビーカー B型ベビーカー 2人乗りベビーカー AB兼用ベビーカー
その他ベビーカー        
カーシート全般 アップリカカーシート コンビカーシート ベビーシート 輸入カーシート
ベビーラック全般 アップリカ ラック コンビ ラック    
ベビーベッド サークル モニター 木製ハイチェアー アウトレット
はじめてのお客様へ ショッピング方法 お支払い方法 送料について 返品交換について
育児のワンポイント        
その他カテゴリー外


Copyright (C) 2001 Baby-Pro All Rights Reserved.