Baby pro ロゴ  
TOP - ショッピング - お客様の声 - プレゼント - FAQ - 売れ筋ランキング - Baby-Pro REPORT - おすすめリンク - システムガイド - Baby-Proについて

素朴な疑問から、技術的な質問まで、あらゆるベビー用品の「?」を解決いたします。




2017年10月18日20時06分

● 購入前の商品選びから、購入後の上手な使い方まで、はば広く活用できるFAQ集です。
● 皆様からお寄せ頂いた質問メールは述べ15000通を超えました。
  こだわって、とことんお客様と取り組んだ記録がいっぱい盛込まれていますので、
  カテゴリーと検索をうまく活用してお役立て下さい。
  (解説用に画像を用意しているものは、質問の文字列がリングボタンになっています)
AND/OR検索で複数のキーワードは半角スペースで区切る。
    検索式は"&"、"|"、"!"と優先指定の括弧が使用可能。

検索フォーム
から

AND  OR  検索式 
新しい質問をする 最近のお問合せ
ベビーカー全般 A型ベビーカー B型ベビーカー 2人乗りベビーカー AB兼用ベビーカー
その他ベビーカー        
カーシート全般 アップリカカーシート コンビカーシート ベビーシート 輸入カーシート
ベビーラック全般 アップリカ ラック コンビ ラック    
ベビーベッド サークル モニター 木製ハイチェアー アウトレット
はじめてのお客様へ ショッピング方法 お支払い方法 送料について 返品交換について
育児のワンポイント        
その他カテゴリー外

前へ [ TOP 1/ ] 1 2 3 [ /3 END ] 次へ


No.0368 Question
生後6ヶ月の子供がいますが、ふわっとベッドワイドとオートキッズネオ469のどちらがよいでしょうか
Answer
どちらも当方ではとても売れ筋の品です。
B型は装備を省いてとにかく軽く仕上げたウェルキッズという品もありますが、開閉操作の不自由さや、シートの簡素さ、車輪の細さなど、あとから不満につながる要素をいろいろ含んでいるので、あえて重くなっても、装備の充実したオートキッズ469に絞って販売をしています。

コンビの品は概して剛性感があり、長く使ってもあまりヘタレません。ソフトでワイドなタイヤがしなやかな走行感で、日よけも若干大きめ。カゴも類似のものの中では、口が大きく、使いやすい方でしょう。
アップリカのふわっとベッドは、開閉操作がシンプルで、畳んでの自立も安定し、フルリクライニングで、A型的な使い方もでき、通気性のあるシートで快適さもアピール。あえて欠点を言うと、構造的にはコンビよりキャシャな点です。

いくつかのポイントに絞って案内します
【操作性】
背面ハンドルなので、基本的に操作性はどちらも上々です。細かいことを言うと、剛性が高い分、コンビの方がハンドル操作がきちんと前輪キャスターに伝わりやすく、方向転回がラクです。 (ただし当方で検品出荷されたもの場合。一般のものは個体差があり、必ずしもスムーズではないこともあります。)

【衝撃吸収性能】
オートキッズ469と、ふわっとベッドワイドは、どちらの商品もデータはかなり良いものが出ています。

【幌の大きさ】
オートキッズの方が若干大きいです。しかし、いずれも充分なものではないので、日よけ対策を重視してらっしゃるならオプションの日よけを追加した方が良いと思います。もっとも、月齢が進んで、しっかりお座りができるようになり手すりにしがみついて、前傾で乗るようになるとオプションをつけても間に合いません。帽子に慣れさせましょう。
のぞき窓はアップリカの方が大きいです。

【リクライニングの角度(一番起こした角度)】
ふわっとベッドワイドとオートキッズ469では、カタログスペックは違うかもしれませんが、私の実測ではほぼ同じで120゜。(ふわっとベッドは125゜程度で若干寝ています)

以上参考して、ご検討ください。どんな製品も欠点はあります。それを上回ってメリットの生かせる機種が
ベストな選択。候補の品は、それぞれにメリットがいっぱいあるので、良い買い物になると思います。

No.0309 Question
子供が6ヶ月です。B型にするか、AB兼用背面にするか迷っています
Answer
B型ベビーカーとサイズ、重量とも遜色ないAB兼用背面モデルが各種登場してきて、あえてB型を選ぶ理由に乏しくなってきた感じがします。販売比率の動向を見ても、B型の市場がどんどん少なくなって、AB兼用背面ハンドルモデルがその代わりに台頭してきました。

ただし、背面タイプのAB兼用は、概してシートサイズに余裕がないので、生後半年以降、フルリクライニングはあまりお勧めしません。肩幅に余裕がないですし、頭もつかえます。もう体がしっかりしていますから、完全にリクライニングを倒さずとも、軽いリクライニングで仮眠は出来ます。フルリクライニングは、あまり活用の機会がなくとも、次のお子さんが生まれたときのためのものと割り切りましょう。

よく声を聞くのは、AB兼用はリクライニングがあまり起きてないということ。確かにAB兼用は構造上B型ほど背もたれが起きません。約10度程度差があり、不自由をするかもしれませんが、新しい機種ほど改善の傾向があります。また、ある程度大きくなれば身を乗り出すようにして乗るので、背もたれにすがってはいません。(肩ベルト付きはそうもいきませんが)

お座りが完全でない時期は、上半身がふらふらするので、背もたれと赤ちゃんの背中との隙間にクッションを入れたあげるといいです。これはB型を使ってもある時期同様のことが必要になります。不自由は一時的なものと思います。

次のお子さんの予定がなければ、B型で充分と思います。次のお子さんのためにもと考えるなら、AB兼用の背面タイプ。新しいものなら、サイズも重量もB型に非常に近いものがあるので不自由は少ないです。

No.0284 Question
オートキッズネオとアップリカカルッコB型では、どちらがお勧めですか?
Answer
畳んだときの安定感はカルッコの方がいいです。畳んだときのコンパクトさはネオの方がいいです。

どちらも慣れれば片手開閉ができます。私はカルッコの開閉の方が扱いやすく好きですが、ポイントをつかむまで手間がかかるかもしれません。レポートページ(9)にアドバイスがあります。
http://www.urban.ne.jp/home/krishna8/baby-pro/sab/2003/report-9.html

子供を乗せた際の安定感は、ベビーカー自体はさほど差がありませんが座面の安定感はカルッコが上。ただしフレームの剛性はネオの方が上。どちらも華奢なベビーカーではありますが、概してコンビの製品は経年変化がアップリカより小さい傾向です。

カゴがネオの方が使いやすいでしょう。タイヤが柔らかく走行がしなやかなのもネオ。(ただし439以上のグレード)

両者のポイントとしては、
・畳んだときの安定感はカルッコB型
・日よけの大きさで選ぶならネオ469
他は微妙な違いなのであえて無視する方が決断しやすいかな。上記の2点でどちらが重視か検討ください。

なお、カルッコの日よけが小さすぎるならサンシェードの追加もおもしろいですよ。お子さんが小さいときだけ活用して、大きくなったら外せばいいです。
http://www.urban.ne.jp/home/krishna8/baby-pro/sab/2002-a/pety-shade.htm

アップリカのカルッコには3グレードあります。機能的な差は個人的な見解としてはたいした差ではないので、気に入ったデザインで選ぶということになるでしょう。

ズバリどちらがお勧め・・・というのは難しいところ。本体構造はカルッコの方が好きですが、日除けは小さすぎ。トータルバランスでは、若干重量が増しますが、ネオのハイグレードがオススメです。

No.0280 Question
B型ベビーカーの***は、キャスターがひどく揺れるという噂を聞きましたが…
Answer
上記の問い合わせは多く寄せられています。問題ない範囲と考えられるので固有名称は伏せます。

ベビーカーのキャスターのブレは古くて新しい問題です。昔から指摘されながら完全解決には至っていません。B型ベビーカーは車輪が小さく、軽いことから、路面の凹凸が直ちにキャスターのブレとなって現れます。良く言えばショックを吸収している動きでもあるのですがどうしてもフレームにも振動が伝わり、不愉快な揺れとして感じてしまうことがあります。A型からB型に乗り換えた直後などは特に気になるでしょう。

ただし、結論からいうと、不良の範囲ではありません。細かく考えるかどうかという、個人の捉え方によると思います。下記は技術的な見解です。
----------------------------------------------------------------------
キャスターのブレはオーブルといいまして、独特の特性です。2輪ワンセットのキャスターの左右の車輪を車軸で固定してしまうとこのオーブルは減少し、直進時に滑らかな動きになりますが、向きを変える際に「内輪差」が吸収できず、動きが固くなります。

左右車輪を固定するものを「同軸固定」、フリーのものを「同軸解除」と呼んでいます。専門的内容になりますが、当サイトの下記のページで解説を試みていますのでレポートページを参照下さい。

Baby-Pro REPORT(1) ・・・ [ベビーカーのキャスターについての考察]

車輪の大きさや素材、重さ、ベビーカーの重心等、様々な要因がキャスターに影響し、どちらが良いとも言えませんが、完全な同軸固定はまずクレームになります。
かといって、同軸解除にすると、ブレが激しくなりやすいので、その中間的な設定がベターといえます。ただし、これがとても難しい部分で、使ううちに状態が変化しますし、安定した状態が維持しにくいものです。

使用環境にもよります。アスファルトなどの一般的な路面はオーブルが発生しやすく、同軸固定気味の方がキャスターがあばれません。
逆にスーパーの路面のようにフラットな路面では、同軸固定気味だと方向転換がうまくできなくなり、極めて操作性の悪いものになります。

メーカーというよりは商品によってセッティングが異なり、どのメーカーが良いとか悪いとかいうことはありません。製品の個体差もあります。同軸固定気味の製品は、手を加えて回転を滑らかにして出荷するなどの対策をBaby-Proでは行なっていますが、お話の商品のように同軸解除仕様で極めて回転がスムーズなものを、固くなる方向に調整するのは販売店レベルでするとまずいかもしれないので自粛しています。
また、調整しても一時しのぎになる可能性があるうえ、使用環境によっては小回りがきかなくなる弊害も考えられます。
----------------------------------------------------------------------
当サイトでベビーカーの足回りチェックを行なっての出荷をはじめてからベビーカーの種別のクレーム量の差はなくなってきて、販売数に比例しはじめました。その部分はお客様の使用環境や感じ方によって避けられないものと考えています。今回の製品についてそうした声が上がってきているのは単に販売数が増えてきているからともいえます。一部のメジャーな掲示板に投稿されたことも運が悪かったです。

軽さをとれば耐久性が落ち、ゆとりのサイズにすれば携帯性が損なわれ、開閉をスムーズにすれば揺らぎが発生する、というように、相反する要素の中で、最小限の妥協でトータル性能を高める努力をしているのが、これらのベビーカーです。
性能的には、世界中探してもこんなに軽くて便利なベビーカーは日本にしかないので、要求は限りないでしょうが、日本のメーカーの努力も察してあげてくださいね。重くしても良ければ、キャスターの癖もすぐに改善できますが、軽さを追求する限り、ある程度のブレは避けられない気がします。
製品を変えたにしても、同様の現象は少なからずあります。あまり神経質にならないことをお勧めします。

No.0267 Question
B型ベビーカーを準備したいのですが、レンタルするか購入するか迷っています
Answer
ライフスタイル以外に、お子さんによってもB型ベビーカーの活用の頻度は大きく変ります。ベビーカー好きで、本当は2歳までしか使えないベビーカーですが、3歳近くまで乗ってしまうお子さんもいれば、1歳半くらいから歩くのもうまくなり、ベビーカーより自分で歩くことを好むお子さんもいます。

しかし、概して前者の方が圧倒的に多い気がします。当方も地元に限りレンタルを行っていますが、大半は短期の里帰り需要。自宅用には購入するものというイメージが定着しつつあります。特に機種をこだわらなければ、数千円からでもあるものですし、アップリカやコンビの一流メーカー品でもバーゲン品を狙えば、1万円前後から購入可能です。(まぁなかなかいつもあるものではありませんが…)

レンタルでも12ヶ月借りれば結構な価格になりますので、レンタルカタログを取り寄せてよくご検討ください。日本ベビー用品リース業協会 http://www.nbl-jp.net/ (おすすめリンクのページにリンクがあります)
一人目で買いそびれて、いまさら買いにくいという方、半年程度の短期間ですっぱりベビーカーと縁を切るつもりならば、レンタルのメリットがでてきます。

No.0263 Question
安価なバギーで充分な気がするのですが、高いB型ベビーカーが必要なのでしょうか?
Answer
バギーとかアンブレラストローラーとか言われるスティック状に畳めるイス型のベビーカーは1000円程度から買えるほど低価格化しています。それで充分と思える方には無理に高いものを勧めません。それなりにつかえるのは確かだからです。安いそれらをやめて高いアップリカやコンビのB型ベビーカーを買うのは、多分に親心でしょう。

ただ、安価なアンブレラタイプにはいくつかウィークポイントがあります。
・アンブレラタイプでは、座面の角度がきつく、お座りができて体を起こしたがるお子さんにとっては、不自由なシート形状のものがあります。体を起こすと必然的に猫背になってしまいます。
・肩ベルトも、セーフティガードという前側の手すりもないような商品だと、起こした体がフラフラして危なっかしく感じます。
・生地のみのクッションがないシートが大半で、素材もナイロンだったりすると蒸れが気になります。
・左右のハンドルがつながっていないので剛性がないものだと押しにくいと感じる場合があります。(反面、荷物が引っ掛けやすいという便利さはある…危ないけど)
・開閉のしやすさは個体差があります。必ず確認を。
・畳んだとき車輪が高い位置にくるのが不衛生に感じるかも、雨の日は特に。
このほか、日本的なことを言えば、「高いもの=いいもの」という心理が働くので、安いもので済ませることに親として抵抗があるとか、他の子達と比較して劣っている気がするとか、日本的な「公園社会」での見栄の張りあいなども実際には影響しているでしょう。割り切って使えば、簡易バギーはとても安上がりでいいと思います。他人の目なんか気にすることありませんし、これだけの価格差があると、品質云々のレベルではありません。

でも、赤ちゃんのために、少しでも乗り心地が良く、肌触りが良く、姿勢も楽で、快適に過ごさせてあげたいなら、検討の余地があります。値段の差ほど違いがあるかは、疑問ですが、造りの凝り方は全く違います。
また、同じアンブレラストローラーでもシルバークロスやマクラーレンは、サイズも剛性も一回り余裕があり、親にとって歩きやすく使いやすいものとなっています。上記の「安価なバギー」とは混同しない方がいいでしょう。

No.0219 Question
電車やバスでの移動が大半です。扱いやすいB型ベビーカーはどれですか?
Answer
とにかく軽くてかさばらないものがいいと思います。お勧めはコンビのウェルキッズシリーズです。
装備充実ながら、とてもコンパクトに畳めますし、軽量でショルダーベルトも他社のものより使い勝手が良く、肩に掛けての移動も軽快です。

折りたたみは俗称「3つ折り」といい、前後向きに1段階、左右に畳んで2段階。かなりスリムになります。抱えて歩くときは完全に畳んだ方が運びやすいですが、急ぐときは「ちょこっとロック」というのが付いていて、一段階でもロックがかかってくれますから半分畳んだ状態で済ましてしまうユーザー様が大半のようです。

片手開閉タイプはコンビならオートキッズ、アップリカならはなまるコロッパ、B-modeなどあり、2003年2月以降はコンビに負けない軽量B型が加わりますが、結構、開閉操作にはコツを要すので、かえってウェルキッズの「半分折りたたみ」が便利です。

アップリカのB型は少し畳んでも太めなので、コンパクトさでもウェルキッズ。オートキッズもかなり軽量ですが、サイズ的に一回り大きくなるので、やはりウェルキッズの方が無難。後はどのグレードのどれにするかです。(もっとも他のベビーカーではだめというほど、B型のベビーカーは違いが大きくありません。)

No.0211 Question
@片手開閉A車に載せ易いBコンパクトC小回りが効く・・・B型ベビーカーのお勧めは?
Answer
片手操作は、アップリカのB型とコンビのオートキッズが可能です。ただし、コンビの主力商品ウェルキッズも半分までは片手で畳めて(ちょこっとロックといいます)そのままでもさほど不自由ないので、それも含めれば、ほとんどの商品が片手で扱えるということになります。
車での移動となれば、抱えて歩き回るわけではないので、軽さはちょっと二の次にして、扱いやすさを優先した方がよいということになりますが、実際にはどれも極端に扱いやすさに差はありません。
ただし、私はそれぞれの商品の癖も知っているので問題ないように感じますが、お客様によっては扱いやすく感じるかどうか、触ってみないとわかりません。実際同じ商品でも、評価にはかなり温度差があります。出来るだけ展示品を触って、扱いやすさを確認した方が良いでしょう。
コンパクトさでいうとコンビ ウェルキッズが一番小さくなります。コンビ オートキッズとアップリカのB型は体積的にはあまり変わりませんが、細身に感じるのはオートキッズ。ただし背は高いので畳んでも長さが残ります。
小回りについてですが、転がしている状態ではどれも同じ。畳んだり開いたり、抱えたり転がしたりと、いろんなシーンでの「小回り度」と考えると、使いこなせればオートキッズが一番。ただし、要領がマスターできなければ却って不自由するので「簡単じゃなきゃイヤ」という方はウェルキッズが無難。
アップリカは雑に使うと次第に開閉が固くなってくることがあるので、一部のそうした例を踏まえて3番手ですが、
きちんと屋内で管理して、注油(付属してきます)などもしてあげれば問題はあまりありません。
機能面、価格面、デザイン面でもバリエーションが多いのがアップリカの魅力で、なかなか迷いますね。

No.0205 Question
オートキッズのオート開閉とウェルキッズのちょこっとロックはどちらが便利でしょう?
Answer
オートキッズの片手開閉は、なかなかよく出来た仕組みで感心していますが、タイミングの取り方にはコツがいります。ジャンプ傘のようにワンタッチでとても簡単、というイメージで買ってしまうとちょっと違和感があるかもしれませんので、出来るだけ店頭で触ってみることをお勧めします。(ただし、すぐには慣れないので難しいという先入観をもたれるのも困るのですが)

オートキッズにして良かったというお客様もあれば、ウェルキッズのちょこっとロックで充分と言う方もありますので、なかなかお客様にとってのベストがどれなのかは、図りにくいものです。オートキッズの片手開閉は慣れるととても便利なので階段やバス移動などがあるなら重宝すると思います。ただし、ちょこっとロックのおかげで、ウェルキッズもほぼ同じ感覚で使用できますから、特にオートキッズにこだわる必要がないのも事実です。気を付けるとしたら、ちょこっとロックでの中間位置での折り畳み状態では、自立はしません。スマートさはオートキッズといえるでしょう。

No.0204 Question
オートキッズの開閉操作のしやすさにアタリハズレとかありますか?また開閉操作の耐久性は?
Answer
開閉が困難なほどのハズレでは困りますが、微妙な手応えの違いはありえます。ただ、当方で出荷した過去の数十台については特に違和感を感じるところはありませんでした。
要領のいる開閉機構なのですが、コツが分かれば多少の個体差はカバーできる範囲と認識しています。ベビーカーの開閉ごときに練習がいるのも変な話のようですが、実際にはほとんどのベビーカーにある程度、コツの習得が(使いこなす上では)求められています。

使用過程でどのような変化があるか、この商品についてはまだ情報が蓄積されていませんので、開閉操作の耐久性については正直なところわかりません。ただし、メーカーは発売前に厳しい耐久検査をしますから、一定のレベルのテストはクリアしています。

コンビが画期的な新製品として発売を始めたにもかかわらずバリエーションの展開を自粛しているのは、ユーザーの現場でどのような不具合、問い合わせが出てくるか、様子を見ているからだと思います。(勝手な推測ですが)
今のところ、使い勝手の点で賛否両論ありはしますが、いろいろ他のベビーカーと比較してみたとき、「既存商品のいいところを残してリスクを最小限に、しかも開閉の仕方は画期的で、かつ、十分ユーザー様にご理解頂けるレベル」ということで、私としては評価しています。耐久性に問題ないことが実証されれば、バリエーションも増やしてくる可能性があります。

前へ [ TOP 1/ ] 1 2 3 [ /3 END ] 次へ

お問合せフォーム
お気軽にご相談下さい。お待ちしております
名前
メールアドレス
質問事項
折り返し応募確認のメールが届きます。
確認メールが届かない場合はもう一度アドレスをお知らせください。
すべてのご質問に回答ができない場合があります。ご了承ください。

新しい質問をする 最近のお問合せ
ベビーカー全般 A型ベビーカー B型ベビーカー 2人乗りベビーカー AB兼用ベビーカー
その他ベビーカー        
カーシート全般 アップリカカーシート コンビカーシート ベビーシート 輸入カーシート
ベビーラック全般 アップリカ ラック コンビ ラック    
ベビーベッド サークル モニター 木製ハイチェアー アウトレット
はじめてのお客様へ ショッピング方法 お支払い方法 送料について 返品交換について
育児のワンポイント        
その他カテゴリー外


Copyright (C) 2001 Baby-Pro All Rights Reserved.